RSS

OLE MATHIESEN

オーレ・マティーセンは時計職人であるカール・マッセイとJ.P. クリスチャンにより1845 年に設立。当初から王室御用達業者としてデンマーク王室に懐中時計などを納めていたが、その後クオーツの時代に移り、スイスの時計マイスター(時計職人)の資格を持つオーレ・マティーセンが、高級腕時計の製造に乗り出した。現在ではデンマークをはじめとした世界18 ヶ国で展示・販売されており、アメリカのニューヨーク近代美術館(MoMA) のミュージアムショップや日本のMoMA Design Store でも販売されている。新たにブランドを立ち上げて50 年以上を過ぎた今でも、オーレ・マティーセンのクラシックでシンプルなデザインは、人々に持つことの喜びと充実感を与え続けています。

Ole Mathiesenのコレクションはこちらです

デンマークの首都、コペンハーゲンのメインストリートの一角に建つオーレ・マティーセン社の時計店。ブルガリなど高級ブランド時計の正規代理店でもあり、古い建物ながら厳重なセキュリティーを設備。防犯用の厚いドアを2回くぐると、照明を落とした店内にラグジュアリーな有名ブランド時計がずらりと並んでいる。スポットライトに照らされ輝きを放つ商品の中で存在感を放つオーレ・マティーセンの時計コレクション。人が多い繁華街にありながら、一歩店内に足を踏み入れると非常にゆったりとした静かな時間が流れます。

つけて見て感じる、王室御用達の理由

1 - 洗練された佇まい

厚さ6mm の薄いケースは手首にしっくりと馴染み、時計をつけている違和感がない。また文字盤を覆うガラスはわずかに丸みを帯びていて、その柔らかな表情が上品さをいっそう引き立てる。この洗練されたフォルムが王室に愛される所以と言える。

2 - 伝統と歴史

オーレ・マティーセン社は1845 年にデンマークで設立され、現在はスイスの時計会社と手を組み、より質の高い製品を製造している。時計はそこで一つ一つ、熟練した職人の手により丁寧に作り込まれている。伝統を守りながら質の高い時計を作り続ける姿勢が評価され、2004 年にはデンマーク伝統デザイン賞を受賞。

3 - 飽きのこないデザイン

オーレ・マティーセンのデザインは45 年以上前の古き良き形状をそのまま保ち続けている。シンプルかつクラシック、オーソドックスで飽きのこないスタイルは世代を超えて愛されており、現在においてもなお新鮮な魅力を放ち続ける。使うほどに良さがにじみ出るロングライフデザイン。

English Introduction:

Through three generations Ole Mathiesen have preserved an exceptional degree of continuity and maintained a great admiration for traditional watch craftsmanship, new technology and aesthetic design. We have carefully guarded our heritage, and even more important, our commitment to our customers and are today considered one of Europe’s most exclusive purveyors of the finest handmade watches in the world. (Christian Mathiesen, CEO)

Brands

ページトップへ